HTML5:まとめ

最近HTML5での制作依頼というのも増えてきました。

ブラウザの頻繁なアップデートもあり、HTML5・CSS3も大分普及してきたのではないかと思います。(まぁとは言ってもまだまだ問題はありますが;)

特にスマートフォン用のサイト制作では欠かせないですし、もう一度僕なりにHTML5についてまとめてみました。

 

 

 

 

 

HTML5の目的

 

:大手ブラウザを作成している会社のスタッフ達が立ち上げたWHATWGというコミュニティがHTML5の開発・仕様の策定を進めている。

 

:HTML5はより高度なwebアプリケーションを生み出すために開発された。ajaxによってwebアプリケーションは格段に進化したが、まだデスクトップアプリケーションとは大きな差があったためそれを解消させる目的がある。

 

:従来のwebアプリケーションではメインの機能はあくまでもwebサーバ側にあったが、HTML5によってwebブラウザ側で動作する高機能なwebアプリケーションが増えるとそれ自体が売り物になる可能性を秘めている。

 

【参考サイト】chrome webストア

url:

chrome webストア

chrome web storeではHTML5を使用したwebアプリケーションの販売が始められています。

:HTML5ではスマートフォン用アプリの作成もできる。

 

HTML5の対応状況

:HTML5は更新され続ける仕様になっているので、各ブラウザもそれに対応するべくアップデートの回数が今までに比べて極端に増えてきている。

 

:現在一番HTML5に対応しているブラウザはchromeである。自動アップデートを備えているためユーザーが意識せずとも最新バージョンにアップデートされる仕組みになっている。

 

:まだまだブラウザによっての対応状況に差があるのでHTML5でのサイト作成をする際には、すべてのブラウザを使ったチェックが必要であると思われる。

 

【参考サイト】 findmebyip

       url: http://www.findmebyip.com/litmus/

 

 

HTML5とスマートフォン

 

:iPhone、Android、WindowsPhoneではHTML5に対応したブラウザが搭載されているが、osに搭載されているブラウザによっては挙動が異なる場合があるので動作検証は必要である。

 

:touch APIでは複数の指を使ったマルチタッチ操作が可能となるが、ロールオーバー(ホバー)といった状態を検出できないといった違いがある。

 

新たに追加された要素

 

文書構造を明確にするための要素【section,header,navなど】
  webページの構造をより明確にするためのもの。div要素に代わって用いられる。

 

テキストの意味を明確にするための要素【time,markなど】
  コンピュータで処理する際、より正確に内容を把握するためのもの。

 

動画と音楽のための要素【video,audioなど】
  これまではAdobe Flashなどのブラウザに対するプラグインが必要だったがHTML単独で
  の再生が可能になった。

 

フォームに関する要素【inputに追加された属性,datalist要素など】
  入力された内容が適切かどうか判断する機能など大幅に強化された。

 

webアプリケーションのための要素【canvas,progressなど】
  基本的にJava Scriptと組み合わせて動くwebアプリケーションを作成するための機能。

 

ルビなど特定言語のための要素・属性【ruby,bdi,wbrなど】
  日本語などの特定言語のための機能。rubyなどでふりがなを表示したりすることが可能。

 

使い方が変更された要素【small,i,b,menuなど】

 

HTML5で削除された要素・属性

 

:HTML5の設計思想上望ましくない要素・属性がいくつか削除された。大半は見た目に関す
るものである。

 

  →HTMLの内容は極力シンプルにし、デザイン・レイアウトはすべてCSSに任せるべき。
:画面を分割して複数のwebページを表示するフレーム要素が廃止となった。

< /br>

1shiharaT
1shiharaT
本名 : 石原隆志

2013年からWeb業界に身を置き、GrowGroup株式会社でWordPressやEC-CUBEなどのCMSを中心にWeb制作をやってます。
本名 : 石原隆志 2013年からWeb業界に身を置き、GrowGroup株式会社でWordPressやEC-CUBEなどのCMSを中心にWeb制作をやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です