PHP 基本からやり直す

パーフェクトPHP

今のままではいかんなとメモ。

PHPの言語仕様

  • エラーには大きく分けて3種類ある

    • パースエラー ( シンタックスエラー )
    • 実行時のエラー ( 実行も中断される )
    • 警告・注意 ( 実行はする )
  • エラーの種類とエラー定数

    • E_PARSE
    • E_ERROE
    • E_WARNING
    • E_NOTICE
    • E_DEPRECATED
    • E_STRICT
  • エラーに関する設定

    • error_reporting
      • php.ini ( または.htaccessに書く ) に 記述

型と演算子

PHPは動的型付け型言語なので、普段は型を記にせずプログラムを書けるが、
内部的には明確に区別されている

  • PHPの型

    • PHPには8つの型がある
      • 整数 ( int )
        • キャストしたい場合には、 (int)、または intval()関数を使用
      • 浮動小数点数 ( float )
        • floatval()、(float)でキャスト
      • 文字列 ( string )
        • シングルクオート内ではエスケープ文字は展開されない。
        • ダブルクオート内では変数を展開できる
          • スペースを開けずに展開したい時には{}をつける
        • ヒアドキュメント内でも変数は展開可能。
        • Nowdoc
          • PHP 5.3から利用可能
          • const や define に利用
          • 文字列がパースされない。 ( 変数が使えない )
        • strval() (string) でキャスト可能
        • 文字列型が特に注意が必要 ( キャストを明示的に )
      • 論理型
        • 真偽値 true , false を扱う
        • true , false の 大文字と小文字は区別されない
        • キャストには (bool)、(boolean)を使用
        • falseと判断するものは以下の7つ
          • false
          • 0
          • 0.0
          • 空の文字列
          • 要素の数がゼロの配列
          • null ( 地がセットされていない変数を含む )
          • 空のタグから生成されたsimplexmlオブジェクト
      • 配列型
      • オブジェクト型
        • クラスを new 演算子によってインスタンス化したものへの参照
      • リソース型
        • オープンされたファイルやデータベース接続など、何らかの外部リソースへの参照を保持。
          • sockets file
          • curl
          • mysql link
          • stream
      • null
        • 変数が値を持たないことを表す特別な型。
          • 定数nullが代入されている場合
          • 値が何も代入されていない
          • unset () されている場合
  • 型の明示的なキャストと変換関数

| 型 | C言語風のキャスト | 変換関数 |
|:——————-:|:————————-:|:———————–:|
| 論理型 | (bool) (boolean) | – |
| 整数 | (int) (integer) | intval() |
| 浮動小数点数 | (float) (double) (real) | floatval() , doubleval() |
| 文字列 | (string) | strval() |
| 配列 | (array) | – |
| オブジェクト | (object) | – |

  • 自動キャストについて

    • 発生する状況
      • 異なる型同士で演算を行う場合
      • 演算子、制御構造、関数やメソッドが特定の型の引数を必要としており、それとは異なる型を渡した場合
        • 関数などに、指定する型と異なる型を渡したにはエラーがでる。
  • 文字列のキャスト

    • 数値らしい文字列とは
      • 10進数を表した文字列
      • 16進数を表した文字列
    • PHPは自動キャストによって思いもしない挙動が再現する

演算子

  • PHPの演算子には3種類ある

    • 単項演算子
    • 二項演算子
    • 三項演算子
  • PHPの演算子の種類

    • 代入演算子
      • その名の通り、代入演算を行う
        • $a = 10; // 変数 $a に 10 を代入
    • 代数演算子
        • : 加算
        • : 減算
        • : 積
        • : 商
      • % : 剰余
    • ビット演算子
      • & : ビット積 : 両辺のビットどちらにも立っているビット
      • | : ビット和 : 両辺のいずれかで立っているビット
      • ^ : 排他的論理和 : 両辺のビットのどちらかにしか立っていないビット
      • ~ : 否定 : ビットの反転
      • << : 左シフト
      • >> : 右シフト
    • 文字列演算子
      • . : 文字列の結合
        • 文字列ではない変数との結合をすると、自動的に文字列にキャストされる。
        • 整数値を直接文字列と結合する場合には前後にスペースを忘れずに
    • 複合演算子
      • 左辺 演算子= 右辺
        • $a += 1; // $a に 1 を追加
    • 加算子・減算子
      • ある変数に1を加える ( 引く ) という演算を行い、結果を代入。
      • ++
      • 演算子を前置すると、まず演算を行い結果を返す
      • 演算子を後置すると、結果を返し、演算を行う
    • 論理演算子
      • && 及び and : 論理積
      • || 及び or : 論理和
      • xor 排他的論理和
      • ! : 否定
        • 論理積と論理和では2通りあるが、優先順位が違う
      • if ( isset( $argv[1] ) && $argv[1] ) // まず引数があるか確認し、ある場合はそれが真か調べる
    • 比較演算子
      • 2の値を比較し、その結果を論理値で返す
        • ==
        • != または <>
        • === : 右辺と左辺が等しいとは true 。 キャストが行われない
        • !== : 右辺と左辺が等しくない場合には true 。キャストが行われない。
        • < : 右辺より左辺が小さい場合に true
        • >
        • <=
        • >=
      • 二項が異る型の場合は自動的にキャストされる
    • 型演算子
      • instanceof : 右辺が特定のクラスのインスタンスである場合に真となる。
        • if ( $a instanceof SomeClass )
      • また、型演算子では下記の2項を調べることも出来ます
        • 特定のクラスを継承したクラスのインスタンスか
        • 特定のインターフェースを実装したクラスのインスタンスか
    • 三項演算子
      • 条件演算子とも呼ばれる
        • 条件式 ? 式1 : 式2
        • $param = isset( $args[1] ) ? $args[1] : ‘default’;
        • 条件式と式1が同じな場合 , 式2は省略可能
          • 条件式 ?: 式1
      • 三項演算子の結合規則
        • 三項演算子をネストして用いる場合には、必ず明示的に () を使用する
  • 演算子の優先順位

    • $b = $ a = 2 * 3 + 5 ;
      • $b = ( $a = ( ( 2 * 3 ) + 5 ) ) ;
    • 演算子にはそれぞれの結合法則と優先順位があり、ルールに従って式は評価される
  • 配列

    • 添字配列 : 配列の先頭から順に列挙し、その番号でアクセスする配列
      • 配列の要素にアクセスするには変数にブランケット [] をつけ、キーとなる添字を指定
      • ブランケットを使った配列の初期化は、初めて使われる変数に対してのみ有効
    • 連想配列
      • キーに名前をつけ、キーでアクセスできる配列
      • 初期化時にキーが重複していた場合、後に定義された要素が用いられる
    • キー
      • 配列のキーとして用いることができるのは以下の2つ
        • 整数
        • 文字列
      • 論理型、不動小数点数型、nullを用いることもできるが、それぞれ文字列文字列、数値型にキャストされる
    • 多次元配列
      • 連想配列の中に連想配列を入れることもできる
    • PHPの配列の特徴のまとめ
      • 添字配列と連想配列が同じ配列型として扱われる
      • 添字配列と連想配列を混ぜて使うことができる
      • 連想配列は入力順が保証される、順序付マップである
    • 配列のキーがセットされてあるか調べる
      • arraykeyexits() という関数がある
      • でもisset()でも調べることが可能かつ速い

制御構造と関数

制御構造

  • プログラムの構成要素と制御要素
    • プログラムの実行は、上から下へ、記述されたプログラムが流れるように実行される → 遂次実行 (ちくじ実行)
    • 文とグループ文
      • 「文・グループ文」「式」「制御構造」
        • 複数の文を中括弧 {} で囲むことで、文をグループ化する。
          • 文ですむ処理は{}で囲む必要はない
          • でも可読性が悪くなるので気をつける
      • PHPに於ける式とは、値をもつすべての物のこと。
    • 制御構造
      • if – elseif – else 文
      • while
      • do – while
        • 必ず do を実行
      • for
        • 反復を行う時に初期化をする変数、反復条件、反復ごとに実行する文を定義する
        • 最初の初期化式では、 , (カンマ)で区切り何個も式を書ける
          • 一般的には余りそういうことをしない
      • foreach
        • 反復可能なデータ構造を順番に処理するための制御構造
        • foreach を使うと、配列の要素を先頭から順にすべて出力するような処理を簡単に記述できる
        • PHPにはブロックスコープがない
          • foreach で 指定した変数は外でも使用可能
        • 反復時に参照を用いることができる
          • foreach ( $array as &$hoge ) // $hogeがそれぞれの値と同等になる
      • break
        • for , foreach , while , do-while, switch のブロックから抜けるために用いられる
        • 特定の条件時に反復を終わらせたい時
      • continue
        • 現在の繰り返し処理を途中で終了し、次の繰り返し処理をする場合に用いられる
      • switch
        • 複数の条件で複雑な分岐を行いたい場合、switch構文を用いることで、スマートに記述
        • break 文がない場合は、次のbreak文まで処理が継続する
          • これを利用して、複数のcase処理を行える
      • return
        *
      • exit
        • プログラムの実行を終了
      • require / requireonce
        • 別のファイルに記述されたスクリプトを読み込む
        • ファイルが見つからなかったらそこで実行が止まる ( エラーとなる )
      • include / includeonce
        • 外部ファイルを読み込むための構文
        • require と違い、実行は継続する
      • goto
        • ラベル付けされた箇所へジャンプするための構文
          • ラベルは ラベル名: の形で定義
        • 一般的にあまり使用されない
    • 関数
      • 再利用されうるコードのかたまりのロジックをまとめて関数を定義する
      • 関数の基本
        • function [&] 関数名 ( [引数[, ….]] )
      • 引数のデフォルト値
        • デフォルト値を持つ引数は、持たない引数より後に書く
      • タイプヒンディング
        • 引数に型を指定し、それ以外の型を持つ引数が渡された場合に致命的なエラーを返す
        • 実行が中段
        • function hogehoge( array $args ) { // 配列以外が渡されるとエラー
      • 関数の呼出
      • コールバック関数
        • PHPには引数に関数を指定すると特定の処理にその関数を呼び出すような関数がある。
        • コールバック関数には、定義済みの関数やユーザー定義関数の関数名を文字列で指定する他、次のような指定もできます。
          • 関数名を表す文字列
          • 無名関数
          • クラスやクラスのインスタンスとメソッド名を持つ配列
          • クラスの静的メソッドを表す文字列
      • 可変関数
        • 可変変数と同じように、関数名の代入された変数を使って呼び出すことが出来る。
          • $name(); // $name = ‘date’ の場合 , date 関数が呼び出される
      • calluserfunc() と calluserfuncarray()
        • 可変関数よりもより高度な関数呼び出しパターン
          • mixed calluserfunc ( callback コールバック関数 , [mixed 引数, …] );
          • mixed calluserfuncarray ( callback コールバック関数 , array 引数のリスト );
        • コールバック関数には、無名関数も指定できる
        • static メソッドの場合、クラス名を文字列で指定できる
        • static メソッドの場合、「クラス名::メソッド名」でも指定できる
        • インスタンス変数と、メソッド名でも指定出来る
        • calluserfunc と calluserfuncarray の違い
          • calluserfunc = 予め呼び出す関数の引数を知っておく必要がある
          • calluserfuncarray = 第二引数に配列として与えることができるため、呼び出す関数の実装を知らずに用いることができる
      • 参照による引数と返り値
        • function addone ( &$value ) // これでグローバル内の変数にも影響を与える
        • 引数を参照で渡す関数の場合には、直接引数を渡すことはできない
      • 無名関数
        • その名の通り、名前の無い関数
        • PHP 5.3 から実装された
        • 関数型プログラミングの際に用いられる
        • 関数をオブジェクトのように扱うことができる
      • クロージャ
        • use()構文を持ちいて使用
        • 名前空間を解決するための手段
    • クラスとオブジェクト
      • PHPには本格的なオブジェクト指向でプログラミングするための機能が揃っている
      • クラス
        • PHP5から本格的なオブジェクトの機能が備わってきた。
        • クラス名も関数と同じように、グローバルに命名定義される。
        • インスタンスの生成と使い方
          • クラスを使う時は new 演算子を用いてクラスをインスタンス化する
          • メソッドの呼出には アロー演算子 -> を用います。
          • 複製する時は clone 演算子を使う
          • アクセス修飾子
            • public
              • クラスの外側から呼出
            • private
              • 自分のクラスの内側からのみ参照・呼出
            • protected
              • 自分のクラスの内側、または自分のクラスを継承したクラスの内側からのみ参照・呼出が可能
        • プロパティ
          • クラスの中に保持している変数
            • メソッドと同じように、アロー演算子でアクセス
          • $this
            • インスタンス化を行うとクラスのメソッド内で使用できる $this という変数が自動で定義される
            • $this は自分自身のオブジェクトの参照
          • クラス定義時に宣言しないプロパティ
            • PHP では、宣言していないプロパティへの読み書きも可能
          • static プロパティ
            • 静的なプロパティ
            • メソッドの宣言時に static をつけると、インスタンスしていなくてもアクセスが可能となる
            • そのクラスに共通の変数のようなもの
            • ダブルコロン (::) をつけてアクセスします
            • この値がすべてのオブジェクトで共通ということを示す
          • self
            • クラスコンテキストの内部で、そのクラス自体を示す
            • ダブルコロン (::)と一緒に用いる
            • 似たようなキーワードとして parent , 遅延性的束縛という機能で用いられる static キーワードがある
          • 定数
            • クラス定数は const キーワードを用いて定義
            • 定数に使用できるにはスカラーの値のみ ( 配列などは無理 )
            • クラス定数は ダブルコロン (::)と定数名を持ちいてアクセス
        • メソッド
          • クラスに属する関数
          • 関数の定義と変わらない
          • static メソッド
            • 静的なメソッド。 static メソッド内では $this は使用できない
              • static メソッド内では self:: を使う
        • コンストラクタとデストラクタ
          • クラスのインスタンスが作られたり、消されたりスルタイミングで自動的に呼び出されるメソッド
          • 省略できる
          • 通常、コンストラクタはオブジェクトを生成する上で必要なパラメータや、そのクラスのオプションなどを引数と受け取り、プロパティにセットするなどという役割
          • コンストラクタとデストラクタは マジックメソッド。 _ ( アンダースコア 2つ )のものはマジックメソッド
        • 継承
          • あるクラスのメソッドやプロパティを引き継いで新しいクラスを定義すること
          • 一般的に継承されたクラスを親クラス, 継承したクラスを小クラス という
          • PHP では多重継承は許されていない
          • クラス名に続けて extends キーワードと継承するクラス名を指定
          • final キーワード
            • 継承された派生クラスでオーバーライドできなくなる
        • 標準クラスとキャスト
          • stdClass : プロパティやメソッドを一切持たない 標準クラス
          • 整数型や文字列型などのスカラー値をオブジェクト型にキャストした場合 ‘scalar’ というプロパティにその値を持つインスタンスとなる。 echo $foo->scalar
        • 抽象クラス
          • アブストラクトクラス
            • 共通の機能を抽象的な親クラスで定義し、特有の機能は個々の小クラスで実装させたい時に使用
            • 抽象クラスは abstruct キーワードを使用して宣言
            • 抽象クラスはそれ自体をインスタンス化することはできない
            • 必ずその抽象クラスを継承したクラスをインスタンス化する必要がある
            • abstract クラス名 { abstract アクセス件 function メソッド名 }
            • 抽象化されたabstract メソッドを可鳴らす実装しないと致命的なエラーがでる
        • インターフェイス
          • 機能の実装を規格するための仕組み
          • インターフェイスを用いると,特定のオブジェクトが特定の機能 ( メソッド )を有することが保証される
          • インターフェイスの定義には実体のあるメソッドを定義できない
          • インターフェイスを暮らすに実装する場合 implements キーワードを使う
          • 複数のインターフェイス を同時に実装することもできる
          • インターフェイスに定義されているメソッドを実装しないと致命的なエラーとなる
          • 定義済みインターフェイス
            • Iterator : foreach 構文で扱うことができるようになるイテレータインターフェイス
            • RecursiveIterator : 再帰的にいてレートを可能にするためのイテレータインターフェイス
            • SeekabkeIterator : シーク可能なイテレータインターフェイス
            • ArrayAccess : 配列のようにブラケット([])によるアクセスを可能にするインターフェイス
            • Serializable
            • Coutable
          • インターフェイスを定義し、それを実装させることのメリットは、それを実装したクラスのオブジェクトであれば、特定の機能を必ず実装していること。
        • クラスとオブジェクトの機能と特徴
          • マジックメソッド
            • 特定の条件で呼び出されるメソッド
            • マジックメソッドはどのようなクラスにも定義出来、定義されている場合に必要に応じて呼び出される
            • マジックメソッドは必ず public で定義しなければならない
            • PHP には 14 のマジックメソッドが用意されている
              • get : アクセス不能なプロパティを取得しようとする
              • set : アクセス不能なプロパティに代入する
              • call : アクセス不能なプロパティに対して isset () か emptyを実行
              • callStatic
              • sleep
              • wakeup
              • construct
              • destruct
              • isset
              • unset
              • toString
              • invoke
              • setstate
            • オーバーロード
              • デフォルトの挙動を上書きする
          • 遅延性的束縛
            • static キーワードを持ちいて、子クラスのメソッドをコールすることができる
          • オートロード
            • クラスを必要な時に呼び出す仕組み
            • 定義されていないクラスを使おうとした時、指定されたオートロード関数が呼び出される
            • autoload () 関数 : 引数に使おうとしたクラス名を受け取る
            • Class名とファイル名は、同じにしなければならない
      • 名前空間
        • PHP 5.3 から実装された機能
        • クラスや関数の使える名前の集合を限定し、関数名やクラス名の衝突を防いだり、機能の参照をわかりやすくするための機能
        • 名前空間はいわばディレクトリのようなもの
        • 名前空間の区切りにはバックスラッシュ ( ) を用いる
        • 名前空間を定義した場合、グローバルな関数やクラスは先頭にバックスラッシュをつけ、グローバルな名前空間から参照しなければいけない
        • 非修飾名 : 名前空間区切り ( ) を含まない識別子 ( 例 Cake )
        • 修飾名 : 名前空間区切り ( ) を含むh識別子 ( 例 FoodDweets )
        • 完全修飾名 : 名前空間区切り ( ) から始まる識別子
        • 名前空間の定義
          • namespace 名前空間;
          • namespace 名前空間サブ名前空間
          • 名前空間の影響を受けるのは、クラス、関数、定数 ( constのみ )
        • インポートルール
          • use as キーワードを使うことで名前空間のエイリアスを作成できる
        • 動的な名前空間の使用も可能 : 基本、シングルクオートで囲む
      • 例外
        • PHP の例外
          • throw new 例外クラス名 ( [メッセージ, [エラーコード,[前の例外オブジェクト]]])
          • 例外は try ブロックで囲むことで補足できる
          • try 文にはそれに対応した catch 文が必要
          • 最も簡単な例外の使い型は、すべての例外の基底となる Exception クラスを使うこと。
          • 例外を拡張する場合でも、すべての例外クラスは Exception クラスを継承しなければならない
      • 参照
        • PHPにおける参照 (リファレンス) とは、ある値を指し示すものを言います。別の言い方をすると、変数のもつある値の格納領域を指し示す別の名前をもつ変数のこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です