力技!Json から WP Theme Customizer の設定

今回は WordPress に関する小規模なハックです。

テーマに組み込んで、ユーザーさんにテーマのカスタマイズを簡単に提供する「テーマカスタマイザー」機能ですが、設定がややこしく、コードも肥大化しがちになります。

なんで、json などから手っ取り早く設定項目かけたらなと思って、
ちょっとコードを書いてみました。

めちゃくちゃなコードと英語かも知れませんが、Gist にあげているので良かったら参考にして下さい。

上記ファイルと同じ階層に以下の形式の json ファイルを作成して渡してあげると、
無事テーマカスタマイザーに反映されます( はずです )

    "gg_general_settings": { // セクション ID
        "title" : "基本的な設定", // セクションのタイトル
        "priority" : 29, // セクションの順番
        "setting" : {
            "general_keywords" : { // 設定 ID
                "transport" : "postMessage", // js でリアルタイムに反映させる場合は "postMesage", リロードさせる場合は "refresh"
                "default" : "", // デフォルトの値
                "label" : "キーワードをカンマ区切りで入力してください。", // 項目のラベル
                "type" : "option" // 設定項目のタイプ "select","radio","option","image","color"
            }
        }
    }

でも、結局あんまり意味がなかったような……あはは
こんなこともできるんだよレベルで覚えてもらえたら嬉しいです。

次は管理画面から簡単に設定できるようなプラグイン作ります。

( 最近プラグイン作ろう作ろう詐欺になりつつある )

2014年06月11日 追記 :

WordCamp kansai 2014 2日目のコントリビューターデイにて、プラグイン化しました。

https://github.com/1shiharaT/extend-theme-customizer

1shiharaT
本名 : 石原隆志

2013年からWeb業界に身を置き、GrowGroup株式会社でWordPressやEC-CUBEなどのCMSを中心にWeb制作をやってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です