Mac から Mac へ。移行した時の注意点メモ。

 

2012年の春から2015年10月まで使っていた MacBook Pro‎ がついに壊れました。
症状としてはキーボードの Sキーが取れ、ファイルを保存するたびに指にキーがくっついてくるというものです。

僕としては初めての Mac to  Mac。人生初めての2代目のMac。

新しいMacを汚したくないため、できるだけ最小限の移行にし、
環境構築に関しては一から行いました。

そんなわけで次回に活かせるようにいろいろメモです。

アプリの移行は簡単

iCloud のアカウントは前もMacと同じものを利用していますので、
AppStoreから購入済みのアプリケーションをインストールするだけ。すぐ完了します。

そんなことはわかりきっていたので、とりあえず時間のかかりそうな Office、Adobe CCのインストール。

  • Adobe Creative Cloud – Photoshop、illustrator のインストール。環境設定は自動的に同期してくれた。
  • Office 365 – 特に問題なくインストール完了。
  • Chrome – ログインした時点で、クローンされた。問題なし。
  • Dropbox – 問題なし。
  • Sketch – ベクターベースのデザインツール。問題なし。プラグインなんかは必要なものだけインストール。
  • Transmit – FTPクライアントソフト。iCloud でも同期できるがお気に入りのパスワードが全部飛んでいた。前のMacから直接エクスポートして新Macにインポートし、とりあえず解決。
  • Magnet – ショートカットでウィンドウサイズを変更できるようになるアプリ。
  • Evernote – メモアプリ。問題なし。
  • Skype – 問題なし。
  • Atom – 問題なし。Sublime はもうインストールせず、テキストエディタはAtomで対応することを決意。あんまり使わないし。
  • PHPStorm – 前の MacのPHPStormから設定をエクスポートし、新Macにインポート。特に問題なし。
  • xcode – 特に問題なし。
  • 1Password – 問題なし。
  • Karabinier – キーリマップアプリ。問題なし。
  • Alfred – Powerpack は一台1ライセンスなため、前のMacアカウントを無効にし有効化。ワークフローも必要なものだけ移行。

CUI ツールのインストール

 

  • Homebrew – Macのパッケージ管理ツール。普通にインストール。
  • Homebrew Cask –  Mac のアプリケーションもHomebrewで管理できるようになる。
  • dotfiles の移行 – .zshrc, .vimrc, .tmux.conf, ….etc を前のMacから移行。それに伴い、zsh、tmux、z、その他依存ソフトウェアのインストール
  • Vagrant, Docker Toolbox  – 特に問題なし。
  • Homebrew でLAMP 環境をMac上に構築 – バーチャルマシン上での開発メインなので、必要ないはずですが一応。
  • nodejs 系のグローバルパッケージをインストール – gulp, grunt, bower のインストール。

細かいところはまだですが、特に問題なし。

細かい設定

 

  • OnyX – メンテナンスアプリ。アニメーション関連のパフォーマンスに関係する設定の変更。

 

CSSフレームワークから学ぶべきこと

CSSフレームワークから学ぶべきこと

Bootstrap、Foundartionをはじめ、世の中には様々なCSSフレームワークが登場しては、消え去っています。

日々流れるフィードを紐解くと、「シンプルで使いやすいCSSフレームワーク」「すぐに使えるフレームワーク」といったような触れ込みで、様々なフレームワークが紹介されています。

そんな中、どのフレームワークを使えばいいのかわからないという方もいることでしょう。

本日はCSSフレームワークとどう向き合うべきかを考えてみます。

認知度が正義か。

さて、なぜCSSフレームワークを採用するのでしょうか?
もちろん、ここではあげられない程にメリット、デメリットがあるでしょう。

敢えてここでは 属人化というキーワードでメリットを説明します。

つまり、自分一人にコードが依存することを防ぐということです。

複数人でコーディングを行う、もしくは作業フェーズを細かく区切り、途中で誰かに作業を譲渡する。
そんな時こそ、CSSフレームワークは最大限の力を発揮します。

Bootstrapや Foudartion といった著名なフレームワークであれば、コーダーであらば利用したことがある方は多いでしょう。
つまり、コードリーディングにかかる時間も、作業の引き継ぎにかかる時間も、格段に減ります。
既に知識がある人は簡単にHTMLを追加・更新できるでしょうし、わからなくても充実したリファレンスやWeb上の文献が転がっています。

フレームワークを利用することで、ドキュメントを用意するために割く時間が減ることは間違いありません。

もちろん、これが無名なフレームワークであれば効果は半減します。

CSSフレームワークは、認知度が高いものを採用することが一番無難だと考えます。

考え方を読み解く

なぜこんなにも色んなフレームワークが台頭してきているのか。
それは、考え方が違うからです。

軽量を目指したもの、BEMに合わせたもの、その他アプリケーションを前提としたもの、リッチなフレームワークを目指したもの、、、世の中のフレームワークにはまず 目的 があり、その解決策としてCSSフレームワークを構築したという背景があると思います。

カスタマイズのしやすい Foundartionと、とにかく早くサイトが作れるように設計されているBootstrap のように、それぞれのフレームワークに特徴があります。

このフレームワークがなにを目的としたもので、どんな考え方に基づいて設計されているのか考えてみると、別の視点でCSSフレームワークと向き合えるのではないでしょうか。

まとめ

CSSフレームワークは Foundartion 使ってるからいいや なんて思ってらっしゃる方、もう一度視点を変えて他のフレームワークにも目を向けてはいかがでしょうか。

CPI で WordPress を利用する時にはOptions +SymLinksIfOwnerMatch を指定する

新しく発行したマルチドメインでは、いろいろと変わっていたのでメモ。(2015.10.16 時点)

以前のACE01との違いは以下の点。

  • PHP のバージョンが 5.6.11 or 5.5.27 
  • Options +SymLinksIfOwnerMatch でのシンボリックリンクの有効化

Options +FollowSymLinks でこれまでシンボリックリンクが有効になっていたが、
セキュリティの面からかOptions +SymLinksIfOwnerMatchに変更された模様。

AddHandler x-httpd-php5611 .php
suPHP_ConfigPath /usr/home/ユーザーID
<FilesMatch "^(\.htaccess|\.htpasswd|php\.ini|.*\.sql|.*\.log|.*\.cron|.*\.inc|.*\.phps|.*\.yml)$">
 Deny from all
</FilesMatch>
Options +SymLinksIfOwnerMatch
# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

 

CPIサーバーの.htaccessでのリダイレクト不可の原因 : http://blog.oo-long.info/?p=1083

Android 4系でテキストが縮小表示されるバグ

すっかり忘れていて、久しぶりに遭遇した。

忘れないようにメモ。

 

まず前提として、モバイル非対応のサイトをAndroid 4系で表示した時に発生する。

テキストが半分の位置で改行され、縦長にずれてしまう現象だが、テキストノードが存在するDOMの最下位タグにCSSプロパティの background-color もしくは background-image を指定する。

ただし、見た目上変わる可能性もあるので、background-image : url(transparent.png) のように透明な画像を指定するのが一番手軽

WooCommerce 決済代行会社について

久々にWooCommerce を使ってみたら、いい感じだったのでメモ。
管理画面の日本語化は問題なし。
コードもオブジェクト指向で、読みやすい。

問題は、決済代行会社がどこまで対応しているのかですな。

ってことで、ゆるゆるな調査スタート!

WooCommerce用ペイジェント決済(WordPress対応ECプラグイン) – 株式会社ペイジェント

GMP イプシロン (イプシロン的には非公式っぽい)

Webpay (こちらも非公式)

・Paypal

…. 上記の4つっぽいですね。
まぁ、ペイジェントがあるだけまだいいかな。ペイジェント使いづらいけど。

Automattic 社に買収されて久しいですが、今後も楽しみです。